【パナソニックNC-A57-Kレビュー】豆を挽けるコーヒーメーカーで毎朝リッチな気分になろう【NC-A56-Kとの違い】

毎朝の熱いコーヒーが日課で、コーヒーを飲まないと頭が冴えてこないなんて人多いんではないでしょうか?
コーヒーを飲むと一日が始まったって気がして、気持ちが引き締まりますよね!
もともとインスタントコーヒーを飲んでいたのですが、「どうせならもっとおいしいコーヒーを飲みたい!」思い立ち
次の条件に合うコーヒーメーカーを探しまくりました

コーヒーメーカーの条件

豆を挽けるミル付きの機種

毎日の手入れがラクである

操作が簡単である

デカフェ豆に対応している

設置面積をとらない

これらの条件をすべて満たすコーヒーメーカーを探した結果、

パナソニックの全自動コーヒーメーカー「NC-A57-K」に決定しました!

NC-A57-Kは、豆の挽き・沸騰浄水・蒸らし・抽出・保温まで全自動でこなすことができ、
ミルも自動洗浄でお手入れがとても簡単な、まさにコーヒー好きにはたまらない全自動ミル付きコーヒーメーカーなんです
ということで、今回は「【パナソニックNC-A57-Kレビュー】豆を挽けるコーヒーメーカーで毎朝リッチな気分になろう【NC-A56-Kとの違い】」
について書いていきます

パナソニックNC-A57-Kの基本機能と外観

パナソニックNC-A57-Kは、豆の挽き・沸騰浄水・蒸らし・抽出・保温まで全自動で行うコーヒーメーカーです

購入後、初めてNC-A57-Kで作ったコーヒーを飲んだ感想は、「スタバで飲むコーヒーみたい!!」でした

香りから味までインスタントコーヒーとは全くの別物ですよ

こんなにおいしいならもっと早く購入すればよかったって素直に思いました

 

挽きたてのコーヒーが自宅で気軽に味わえちゃうなんて本当に感激です!
NC-A57-Kは、豆の「挽き分け」と「淹れ分け」をすることができます
「挽き分け」は2種類のフィルターを付け替えることで調整します
モード選択での「淹れ分け」と合わせると、全部で4パターンの味を楽しむことができます
画像

我が家では、後味の良い「粗びき」×「リッチ」の組み合わせで飲むことが多いです!

夏は、「中細引き」×「リッチ」でアイスコーヒーなんかもいいですね!

「沸騰浄水機能」がついているので、コーヒーの香りや味をよりおいしく仕上げることができます
沸騰させ活性炭フィルターを通すことで水道水のカルキを飛ばすんですね
朝の忙しい時間帯に嬉しい機能「煮詰まり低減保温機能」がついているので2時間の間おいしいコーヒーをキープすることができます

朝は、起きたらとりあえずコーヒーを作って準備しながら飲むので、

保温機能はすごくありがたいです!

では、次は外観を見ていきます
基本カラーは、ブラックで見た目もシンプル
どんな部屋でも合わせやすい感じです
本体の大きさは、およそこんな感じ
設置面積は、あまり必要ないので置き場所にはあまり困りませんでした

水の取り出し口が背面にあるので設置場所の高さには注意が必要です

棚などの天井が低い場合も、豆の投入や部品の着脱に不便なので注意!

コードの長さは、およそ1m程なので、事前に設置場所を検討しておくと良いですね
おしゃれなコーヒーメーカーにも憧れていたので、シンプルな見た目がとても気に入っています!

NC-A57-Kの機能まとめ

豆の挽き・沸騰浄水・蒸らし・抽出・保温まで全自動

「挽き分け」と「淹れ分け」で4つの味が楽しめる

「沸騰浄水機能」で味を悪くするカルキも抜ける

「煮詰まり低減保温機能」で忙しい朝もおいしく飲める

パナソニックNC-A57-Kはデカフェに対応している

NC-A57-Kは、なんとデカフェ豆もおいしく飲めるんです

デカフェ豆とは

カフェインを取り除いたコーヒー豆のことを言います

カフェインの摂取量を制限している人や健康への影響が気になる人におすすめの豆です

デカフェコーヒーは、コクがなくなってしまうことが難点ですが
NC-A57-Kなら「デカフェモード」でコクのあるデカフェコーヒーが飲めるんです
夜寝る前は、良く眠るためにデカフェコーヒーを飲むようにしています!

パナソニックNC-A57-KとNC-A56-Kとの違いは?

パナソニックNC-A57-Kは、NC-A56-Kの後継機です

主な違いは、先ほども紹介した「デカフェモード」がついているかどうかです

NC-A57-KNC-A56-K
デカフェモード×
消費電力800W790W
重さ3.0㎏2.9㎏
価格(Amazon.2019.12)18,685円23,000円

細かな違いだと、消費電力と重さがNC-A57-Kの方が若干高いですが

正直、誤差の範囲内です

Name

価格差を考えると、デカフェを飲む予定がない人もNC-A57-K一択ですね!

しいていうなら、カラーデザインが若干異なるのでそこは好みですね

 

パナソニックNC-A57-Kは操作も簡単

NC-A57-Kの操作は、とっても簡単です

使用するボタンは、2つだけ!!

①「淹れ分け」のコースを選択

②「豆」ボタンを押す

※「粉」ボタンを押すと豆挽きを行わずに抽出に移れます

操作が簡単なので説明書を見なくてもすぐに使い始めることができました!

パナソニックNC-A57-Kは手入れも簡単

パナソニックNC-A57-Kは、毎日の手入れもとっても簡単でした!

お手入れの簡単ポイント

「ミル自動洗浄」機能で手入れがラク

分解できるパーツが多くて手入れがラク

「ミル自動洗浄」機能がついているのでミル内の清掃は基本的に不要です
熱湯で洗い流してくれるので清潔に保てます!
清掃が必要なのは、コチラのパーツ
全て本体からの取り外しができるので洗うときも楽ちんです
浄水フィルターが付いている「給水タンク」と「コーヒー受けの蓋」は洗剤で洗うとフィルターが使えなくなるので注意!!

一日に数回使うので、基本的には使用後に水でゆすいで手入れし

一日の終わりに洗剤で軽く手入れしています

パナソニックNC-A57-Kは音が大きい!?

パナソニックNC-A57-Kのイマイチな点も紹介します

それは、「豆を挽くときの音です」

ぎゅい―――――ん

結構大きめの音が鳴るので注意が必要です

アパートや、同居の家族など「騒音」が気になる環境だと夜中の使用は難しいかもしれません

我が家の猫2匹は、運転音が鳴りだすと驚いて別の部屋に隠れてしまいます
とはいえ、豆を挽くときの音が大きいのはこの機種に限った話ではありません
豆を挽く以上、ある程度大きな音は避けられませんからね!
挽きたての豆から作るコーヒーの香りは、一度経験したら
もう、インスタントコーヒーには戻れませんよ

パナソニックNC-A57-Kレビューまとめ

本記事は、「【パナソニックNC-A57-Kレビュー】豆を挽けるコーヒーメーカーで毎朝リッチな気分になろう【NC-A56-Kとの違い】」について書きました

NC-A57-Kは、コーヒーが好きな人なら選んで間違いのないコーヒーメーカーです

NC-A57-Kの特徴

豆を挽けるミル付きのコーヒーメーカー

ミル自動洗浄機能と分解のしやすさでお手入れが楽ちん

ボタン操作は、2つだけで簡単

デカフェ豆のコクを引き出すこだわり仕様

設置場所に困らないスリムな本体

毎朝、最高においしいコーヒーを飲みたい人には、ピッタリのコーヒーメーカですよ!

最新情報をチェックしよう!