【脱三日坊主】読書が続かない人の継続できる読書法を紹介します

本を読もうと思ってもいつも三日坊主になってしまう

自分にもできる読書法はないのかな?

こんな疑問に答えます

 

 

社会人の自己投資として人気の「読書」、自分のスキルアップのためにとチャレンジする方も多いですよね
今回は、そんな読書が「続かない」人でも簡単に読書を継続するコツを紹介していきます

この記事の内容は

・今まで読書が続かなかった人も読書を継続するコツがわかる

・読書が続かなかった原因がわかる

 

読書を継続するコツは、5分だけ

 

読書を継続するコツは、「毎日、5分だけでも本を読むこと」です

読書をするには、毎日30分や1時間の「読書タイム」をつくらないといけないと思っていませんか?

忙しい一日の中にまとまった30分や1時間の時間を確保するのは結構大変ですよね?

1日目と2日目は何とかできても3日目にはもう挫折してしまいます

読書を続かない人は、「5分だけ」を意識して本を読んでみてください

1日5分であれば誰でも簡単に続けることができます

この5分の読書ができないのであれば、読書を生活に取り入れるのはあきらめたほうがいいかもしれません

5分間の読書であれば日常のいろんな場面で取り組めます

日常のスキマ時間

・朝起きてから出勤するまでの5分間
・職場のお昼休みの5分間
・電車の待ち時間の5分間
・就寝前の5分間

この他にもまだまだ取り組めるタイミングは隠れています

5分のスキマを見つけて読書を生活に取り入れましょう

まずは、5分!!できるなら何分でもいいですが最低5分を意識しましょう

最大の原因は時間をつくれないこと

読書を続けることができない最も多い理由は、

「忙しくて読書の時間をつくれない」ではないでしょうか

朝から晩まで働いて帰ってきたらもうクタクタ

社会人の生活は、いつも余裕がなくなりがちで

読書のためのまとまった時間を用意することが難しいと感じる人も多いですよね

でも、本当にまとまった読書時間は必要なのでしょうか?

自己投資の読書は、新しい知識や考え方、スキルを身に着けるために行うものです

決して、本を長時間読むことが目的ではありません

5分でも3分でも本を読みさえすればその分の学びを手に入れることができます

まずは、

読書する=まとまった時間を確保しないといけない

という考え方を捨てましょう!

毎日すこしでも読書を積み上げていけば

その分だけ自分の成長を感じれますよ!

 

読書の方法にこだわり過ぎている

読書の方法にこだわり過ぎることも「続かない」原因になります

読書のイメージが「椅子に座って落ち着いて本を読む」と小中学校の国語の授業のようになっている人は

読書をもっと気楽に考えましょう

先ほども話しましたが、読書の目的は「本から学びを得ること」です

読書の形式にとらわれる必要はありません

最近の読書スタイル

・ちょっとしたスキマ時間にスマホで電子書籍を読む

・朝ランニングしながらオーディオブックで読書を楽しむ

・入浴しながら気になる本を読む/聴く

最近は、スマホで読書をより手軽に楽しむことができるサービスが増えています
僕は、紙の本での読書も大好きですがより簡単に読書を生活に取り入れるなら
新しい読書スタイルを取り入れるべきです

今の時代、本は何冊だって持ち歩けるしどこに居ても読めちゃいます!

いろんな読み方で読書をすれば飽きずに継続もしやすくなりますよ

 

1冊の本を読み続ける必要はない

読書が続かない人がハマりがちな罠ですが

「本を最後まで読む必要はありません」

ある研究によると、本の中でその人に本当に必要な内容はその本の10%ほどだといわれています

たいていのビジネス書は、同じ分野の書籍であれば似たような話や例が出てきます

「この話こないだも読んだな‥‥」なんてことが十分起こるんです

要するに、スミからスミまで読む必要はないということですね

1冊の本にこだわるより、複数の本から知識を集めたほうが効率的です!

自分に合わない本だってある

そして、当然のことですが自分に合わない「ハズレ本」も世の中にはたくさんあります

表紙を見て「面白そう!」と手にとってみたけど実際読んでみたら

・内容が思っていたものと違った

・すでに知っている話ばかりだった

・内容が難しすぎて理解できなかった

なんてことは良くある話です

そんな時は、その本を閉じて次に行きましょう

すでに知っていたり興味のない内容 → 違う本に乗り換える

難しすぎて理解できない → 同じ分野の簡単な本に乗り換える

世の中には、読み切れないほどの本が存在してるのでその一冊にこだわる必要はありません

難しければ、より簡単な本に乗り換えるべきですし

詰まらなければ閉じてしまえばいいんです

もっと気楽に読書をしましょう!

途中でやめてしまっても恥ずかしいことではありません!

 

読書の手段は複数持つべき

すでに紹介していますが、読書の手段は一つではありません

紙の本以外にも本はあります

・スマホに入れて何冊でも持ち運べる「電子書籍」

・家事や運動中、通勤中でも手ぶらで楽しめる「オーディオブック」

これらの方法なら紙の本が持ち込めない場所やちょっとしたスキマ時間でも手軽に本を楽しむことができます
複数の手段をもってどんなタイミングでも読書を出来る状態にしておきましょう
とはいえ、「電子書籍」や「オーディオブック」になじみのない人は
そもそも、どんなサービスがあるのか分かりませんよね
そんな人には、コチラの記事が参考になると思うので良かった読んでみてくださいね
電子書籍ならこの記事
関連記事

Kindle Unlimitedが気になるけど自分に合っているのか分からない読書習慣を身につけられるサービスについて知りたいもっと手軽に読書を楽しめる方法を知りたいそんな疑問にお答えし[…]

オーディオブックならこの記事
関連記事

Audible気になるんだけどみんなの感想ってどんな感じなんだろう?使ってみて聴き心地悪かったらいやだな・・・実際使ってみたら料金分の良さはあるのかな?こんな疑問に答えていきます&[…]

読書を続けるための読書法:まとめ

いかがでしたでしょうか?

読書を続けるためのコツは、

とにかく5分でも気軽に本を読むように心がけることです

そのためには、

・スキマ時間に読書を積極的に取り入れる

・本を読む手段は複数用意しておく

・つまらない本は閉じてしまう

これらのことに気を付けてチャレンジしてみてくださいね!
読書を継続してスキルアップや知識を身につけましょう!
最新情報をチェックしよう!