【帰還率UP】ロボット掃除機がホームに戻らないときにすべき対策【簡単】

うわぁ・・今日もロボット掃除機がホームに戻れてない・・・

ロボット掃除機がホームに戻らずに止まってしまうのを防ぐ方法はないのかな?
こんな疑問にお答えします

ロボット掃除機を外出中に起動して置いても帰宅したときにホームに戻れず屍になっていたらなんだかショックですよね?

安い機種でも1万円程度はしますし、どうせならしっかり有効活用したいです

大丈夫です。安心してください!

よっぽどの安物でなければしっかり対策することで帰還率を高めることができます

ロボット掃除機の「ホームに帰還できずに停止してしまう」問題の解決策はズバリこちらです

帰還率を高めるポイント
  • 床にモノを置かない
  • コード類は、壁際にまとめる
  • 家具の配置に気を付ける
  • ホームを床に固定する
関連記事

  毎日の床掃除を「自動化」してくれるロボット掃除機、最近では使っている家庭も増えてきて「そろそろ、我が家でも使いたいな」と考えている人も多いのではないでしょうか?でも、ロボット掃除機を探してみる[…]

床にモノを置かない

これは基本中の基本なんですが、意外と床が散らかっていてロボット掃除機のポテンシャルを発揮できてない人多いです。

家の親なんかもそうなんですが、床にバックやら新聞やら置きっぱなしにしてロボット掃除機の邪魔をしているパターンです。

正直、かなりもったいないのですぐに床にモノを置かないことを習慣にしましょう。

実際、ロボット掃除機を使うメリットの中によくあがるのは、「床にモノを置かない習慣」ができたという話です。

ロボット掃除機に満足している人は、みんなこの習慣を持っています。

例えば、帰ったらカバンは所定の棚に戻す、新聞リモコンなど座ったときについつい床に置きがちなものもすべて机の決まった位置に戻す。

意識して行えば、数週間で習慣にできます。

あと、注意が必要なものとしては衣類の繊維や長めのひも類には特に注意が必要です。

ホームに帰還できずに止まっているロボット掃除機を見てみると紐がぐちゃぐちゃに絡まっていたなんて経験あるんじゃないでしょうか?

ひも類は、ロボット掃除機の天敵です。

特に気を付けておきましょう。

コード類は、壁際にまとめる

コードに絡まって停止しているケースも多いですよね。

先ほど話していた、ひも類がロボット掃除機の天敵であることの代表的なパターンの一つです。

このパターンは、ロボット掃除機のみならず絡めとられたコードにも甚大なダメージを与えてしまいます。

その他の家電を部屋に接している場合は、特に注意が必要です。

でも、コードって知らない間にぐちゃぐちゃしがちですよね?

コード類の整理がうまくできてない人におすすめの方法があります。

100均のワイヤーネットと張り付けるタイプのフックがあればできてしまいます。

若干、位置がズレていますね(笑)

壁のネットに結束バンドなどで簡単にコードをまとめておくことができます。

ただ、やりすぎはコードの損傷の原因になるかもしれないので締め過ぎない程度に軽く固定しておくのが丁度いいです。

僕は、セリアのワイヤーネットとフックで自作しました。

家具の配置に気を付ける

家具の配置もすごく重要なポイントです。

注目してもらいたのは、家具がロボット掃除機の移動の妨げになっていないかです。

家具のスキマは十分に開いていますか?

ロボット掃除機はマッピング式もランダム式も細い道が苦手な場合が多いです。

良くあるのは、脚のついているイスやテーブルの下が入り組んでいて一度迷い込んだ掃除機がそのまま出れなってしまうケースです。

理想は、4本足タイプではなく丸椅子などブロックタイプの椅子を使用するのが望ましいですが、買い替えるのは大変です。

おすすめは、使用してないときはテーブルの下に綺麗に整頓して入れておくことです。

斜めに収納されていたり、机から飛び出ていたりするとそれだけで抜け出せる確率が大きく下がります。

整頓しておくことで、掃除しやすい状態を作ってあげましょう。

家具同士のスキマは、掃除機本体よりも一回り大きい空間があるいいです。

ランダム走行式の場合、ぶつかるたびに方向を変えるのでぎりぎりのスキマだとその場で動けなくなってしまいます。

掃除の妨げになっていないか、この機会に確認してみましょう。

ホームを床に固定する

帰宅してみるとホームの位置がもとにあった場所から大きく移動していた経験はありませんか?

これは、ロボット掃除機がホームに帰還する際にホームにぶつかり押してしまうことが原因です。

ホームの位置が移動してしまうとそのまま充電が切れるまでさまよい続け、ホームに戻ることなく充電切れになってしまいます。

この問題は、まったもや100円ショップであるものを買ってくるだけで簡単に対策できます。

それは、アルミ製のフックです。

100円で10個くらい入ったパックがけると思います。

そのフックを床にこの画像のように張り付けてホームを固定します。

フック自体は、シールはがしなどで簡単にはがすことができるので賃貸でも安心の方法です。

これで、多少ホームにぶつかってもズレてしまうことを防げます。

是非試して見ってください!

帰還率を高めてストレスなく使用しよう!

今回紹介したのは、僕が実際に行っている対策です。

これらを気にするだけで、帰還率がぐっと高まったのでロボット掃除機の帰還率で悩んでいる人がいたらぜひ試してみてほしいです。

帰還率が高まれば、帰ってきたときのあのガッカリ感もなくなりますし掃除自体も非常に効率的になります。

この記事が誰かの助けになると嬉しいです。

最新情報をチェックしよう!